公務員の種類(難易度区分)

地方国家公務員採用試験合格勉強法!

公務員試験とはなんぞや?

公務員の種類(難易度区分)

地方国家公務員採用試験合格勉強法!トップ公務員の種類(難易度区分)


公務員試験難易度による区分

公務員試験にも当然難易度による区分があります。国家公務員の場合ではI種(1種)・II種(2種)・III種(3種)とわかれていて、地方公務員の場合だと上級・中級・初級とわかれています。一般にI種・II種・上級が大卒程度、中級は短大卒程度、III種・初級が高卒程度の難易度になっています。

大学卒業程度の試験

大学卒業程度の試験といってもさまざまな学力レベルの大学がありますね。しかし基本的に公務員の試験レベルはかなり高いので、II種・上級の試験だと有名私立大学以上の方が一生懸命勉強して合格する試験です。もちろん国公立のものすごく賢い大学の人も受けます。I種なんかだとそれこそ日本有数のトップ大学の学生がうけるような試験です。

短大卒業程度の試験

最近では中級(短大卒程度)の区分の試験は減少傾向にあります。中途半端ですからね(^^;)試験の難易度は大卒程度と高卒程度の間ともいうべき微妙な難易度です。ある意味勉強の仕方が難しいかもしれません。しかし大卒程度並みの問題も出題されますので、こちらもしっかりとした対策が必要です。

高校卒業程度の試験

高校卒業程度の学力が必要な試験といえど、学区で1,2位を争う学力の高い高校に通っている高校生ががんばって合格するような試験です。大学を卒業している人でも充分に対策をしなければ合格は難しいです。また大学を卒業している人が高校卒業程度の試験を受けることが多いので、競争率が高くなります。

学歴と年齢制限

公務員採用試験の中には学歴を設けているものもありますので、注意が必要です。例えば大卒の人が高卒レベルの試験をうけられなかったり、高卒の人が大卒レベルの試験を受けられなかったりします。また学歴制限がなくても生年月日の制限があり年齢的に試験が受けられなくなる場合もあります。

学歴制限や年齢制限は国や地方自治体によりさまざまですので、受験案内で詳しく確認しておく必要がありますが、年齢制限の方はおおむね、II種・上級試験で現22〜30歳、III種・初級試験で18〜21歳ほどの幅があります。

まずは勉強を始める前に資料請求で情報収集!
TAC公務員合格なら大原ヒューマンアカデミークレアール | 東京アカデミー
(1) 公務員予備校から資料請求をした方がいい理由  (2) 公務員予備校別の特徴と評判一覧

次に公務員試験合格マニュアルを活用しよう!
 効率的な勉強方法をマスターするには公務員試験専用のマニュアルが最適です。
公務員試験合格勉強法マニュアル比較!

[←前のページへ] [↑一番上へ] [後のページへ→]

地方国家公務員採用試験合格勉強法!トップ

地方国家採用勉強法

地方国家採用勉強法

地方国家採用勉強法

地方国家採用勉強法

地方国家採用勉強法

地方国家採用勉強法

地方国家採用勉強法

地方国家採用勉強法

 

姉妹サイト公務員試験合格勉強法マニュアル比較!
公務員試験合格勉強法マニュアル比較!

 たくさんある公務員試験の勉強マニュアルの中から、私(管理人)が厳選したものだけを、ランキング形式でご紹介しています!

私が実際に購入して中身を熟読し、評価することで、より受験生の立場にたった、勉強マニュアルの比較サイトになっていると思います!少しでもみなさんの合格の手助けになれば幸いです(^^)

公務員の種類・職種一覧!仕事内容ガイド

当サイト内の内容・構成・デザイン・テキスト、画像の無断転載・複製(コピー)は一切禁止です。
Copyright All Reserved by 地方国家公務員採用試験合格勉強法! Since 2008/07-