公務員への転職 - 民間経験者など

地方国家公務員採用試験合格勉強法!

公務員への転職 - 民間経験者など

公務員を目指す民間経験者が増加中!

地方国家公務員採用試験合格勉強法!トップ公務員への転職 - 民間経験者など


 民間企業に「安定」が期待できなくなった今、社会人になってから公務員への転職を考える人が増えています。また国家公務員でも地方公務員でも、民間経験者を積極的に採用するところが増えていますので、今からでもあきらめず試験にチャレンジしてみましょう!

民間企業から公務員へ転職するためには?

 社会人が公務員試験を受ける場合、大きく2つのルートが存在します。

1つは「大卒程度公務員試験」で、年齢などの条件さえ合えば新卒者と同じ一般枠で受験が可能です。この場合は多くが30歳未満までの受験資格となっており、また現役大学生がライバルであることから入念な試験対策が必要となります。

2つめが「民間経験者採用試験」です。

これまで民間企業で身につけた経験やスキルを生かせる人材を募集するもので、特に国家公務員の場合は一定の職歴が必要となる場合もあります。

地方公務員の場合、試験科目は主に教養、面接、論文ですが、中でも面接と論文が重視されるのが特徴です。国家公務員の場合はさらに専門的な試験が加わります。

年齢制限は職種によりますが、35〜40歳までが多く、中にはそれ以上の年齢でも受験できるものもあります。30代以上でもチャレンジできる点がメリットである一方、試験の倍率は一般枠よりも高くなります。

上記の他にも、高卒者・大卒者を問わず受けられる社会人試験もありますので、希望の職種の募集状況をしっかりと確認し、それに向けた準備を行うことが大切です。

仕事をしながらどうやって勉強する?

 社会人の場合、公務員試験のための勉強時間の確保も大きな問題となります。きっぱりと仕事を辞めて受験勉強に専念できる人はいいのですが、多くの人にとってそれはなかなか難しいものです。必ずすぐに合格するという保障はどこにもないからです。

仕事と並行して効率よく準備をするためには、公務員予備校の夜間の通学、もしくは通信制による自宅学習を行うことがおすすめです!自分のペースで無理なく続けられる受講スタイルを選びましょう。

公務員試験に強い学校なら、社会人の採用情報もいち早く入手できますし、勉強のアドバイスも受けられる点が大きなメリットです。特に論文や面接を重視される試験を受ける場合は、1人で対策するのは難しいものですから、プロによる手ほどきを受けたほうが確実だといえます!

まずは勉強を始める前に資料請求で情報収集!
TAC公務員合格なら大原ヒューマンアカデミークレアール | 東京アカデミー
(1) 公務員予備校から資料請求をした方がいい理由  (2) 公務員予備校別の特徴と評判一覧

次に公務員試験合格マニュアルを活用しよう!
 効率的な勉強方法をマスターするには公務員試験専用のマニュアルが最適です。
公務員試験合格勉強法マニュアル比較!

[←前のページへ] [ページの一番上へ] [後のページへ→]

地方国家公務員採用試験合格勉強法!トップ

地方国家採用勉強法

地方国家採用勉強法

地方国家採用勉強法

地方国家採用勉強法

地方国家採用勉強法

地方国家採用勉強法

地方国家採用勉強法

地方国家採用勉強法

 

姉妹サイト公務員試験合格勉強法マニュアル比較!
公務員試験合格勉強法マニュアル比較!

 たくさんある公務員試験の勉強マニュアルの中から、私(管理人)が厳選したものだけを、ランキング形式でご紹介しています!

私が実際に購入して中身を熟読し、評価することで、より受験生の立場にたった、勉強マニュアルの比較サイトになっていると思います!少しでもみなさんの合格の手助けになれば幸いです(^^)

公務員の種類・職種一覧!仕事内容ガイド

当サイト内の内容・構成・デザイン・テキスト、画像の無断転載・複製(コピー)は一切禁止です。
Copyright All Reserved by 地方国家公務員採用試験合格勉強法! Since 2008/07-