論文・作文の対策【公務員試験勉強法】

地方国家公務員採用試験合格勉強法!

一般教養試験科目別対策(勉強法)

一般教養試験-論文・作文の対策

地方国家公務員採用試験合格勉強法!トップ一般教養試験-論文・作文の対策


文章の書き方のルールは厳守する

文章の書き方のルールは厳守する必要があります。ルール違反で減点されていてはもったいないですよね(^^:)

基本的なルールを記載します。

  • 文のはじまりは1マスあける
  • 段落のはじまりは1マスあける
  • 「、」「。」は1マスの左下にかく。また行頭にくる場合は、その前の行の右端に収める
  • アルファベットの小文字や数字は1マスに2文字ずつかく
  • 「 」かぎかっこの位置に気をつける
  • 文の終わりは「だ/である」調か「です/ます」調に統一する。混同しない
  • !や?や....。などの記号は印象が悪い
  • 誤字脱字に気をつける

最低でもこれくらいは知っていないとまずいです。好きなように書いていては合格答案になりません。

文章の構成

”起承転結”という言葉を聞いたことがあると思いますが、「起」-問題提起、「承」-詳しく説明、「転」-視点を変えてみる、「結」-まとめ、といった意味があります。

文章を構成する際、起承転結の四段落構成でまとめてもよいのですが、公務員試験の論作文の文字数では四段落構成でまとめてしまうと一段落あたりの文字数が少なくなり、説明不足になってしまうことが多いです。

ですので、私のオススメとしては”序論・本論・結論”という三段落構成が書きやすいと思います。これであれば「序論」-問題提起、「本論」-問題の分析・意見、「結論」-まとめといった具合に自分が混乱してしまいにくく、説明もたっぷりとでき融通がききます。

点数のつけ方

論作文を審査する人にはいくつかの項目が与えられていて、それぞれの項目に何点か配分されていて合計点によって点数が決まります。

審査項目は公表されていませんが、以下のような項目であると思われます。

  1. きちんと問題提起ができているか
  2. なぜ問題なのか説明できているか
  3. 問題に対する自分の意見、改善策が説明できているか
  4. 漠然とした表現でなく論理的に説明できているか
  5. 段落構成が明確か
  6. 誤字・脱字がないか
  7. 裁量点(文章の流れ、説得力があるかなど)

こんな論文・作文は高得点が狙える!

ここまでご説明した論作文の書き方以外のところでさらに高得点につながるテクニックがあります。なかなか他では教えてくれないテクニックを下記にまとめてみました。

  • わかりやすい文章で書かれている
  • 自分の経験に基づいた記述があり、説得力がある
  • 自分が公務員になったときにどうしていきたいかが述べられている

以上のようなことを守れば普通の論文より+αの点数が上のせされるでしょう。

まとめると、無理に難しい表現は使わずだれにでもわかりやすい親しみやすい文章を書く、自分の経験を文章に関連させていく、最後のまとめのところで「自分が公務員として働くときには、、、、」といった具合に、これからの自分の意欲を記載しておくと、審査する人の印象もよく高得点が狙えます!

まずは勉強を始める前に資料請求で情報収集!
TAC公務員合格なら大原ヒューマンアカデミークレアール | 東京アカデミー
(1) 公務員予備校から資料請求をした方がいい理由  (2) 公務員予備校別の特徴と評判一覧

次に公務員試験合格マニュアルを活用しよう!
 効率的な勉強方法をマスターするには公務員試験専用のマニュアルが最適です。
公務員試験合格勉強法マニュアル比較!

[←前のページへ] [↑一番上へ] [後のページへ→]

地方国家公務員採用試験合格勉強法!トップ

地方国家採用勉強法

地方国家採用勉強法

地方国家採用勉強法

地方国家採用勉強法

地方国家採用勉強法

地方国家採用勉強法

地方国家採用勉強法

地方国家採用勉強法

 

姉妹サイト公務員試験合格勉強法マニュアル比較!
公務員試験合格勉強法マニュアル比較!

 たくさんある公務員試験の勉強マニュアルの中から、私(管理人)が厳選したものだけを、ランキング形式でご紹介しています!

私が実際に購入して中身を熟読し、評価することで、より受験生の立場にたった、勉強マニュアルの比較サイトになっていると思います!少しでもみなさんの合格の手助けになれば幸いです(^^)

公務員の種類・職種一覧!仕事内容ガイド

当サイト内の内容・構成・デザイン・テキスト、画像の無断転載・複製(コピー)は一切禁止です。
Copyright All Reserved by 地方国家公務員採用試験合格勉強法! Since 2008/07-