資料解釈の対策【公務員試験勉強法】

地方国家公務員採用試験合格勉強法!

一般教養試験科目別対策(勉強法)

一般教養試験-資料解釈の対策

地方国家公務員採用試験合格勉強法!トップ一般教養試験-資料解釈の対策


資料解釈の勉強法

公務員試験で資料解釈は必ず1〜2問出題されますし、数的処理の中でも文系の人でも必ず正解することができる科目です。逆にその分落とすともったいない科目です。

資料解釈は過去問で勉強すると効果的です。はじめは数字やグラフがたくさん並んでいて嫌になるかもしれませんが、勉強していくうちに、資料に対する恐怖心が薄れてきて慣れてくるので、そうなればこっちのもんです。

資料解釈の頻出分野

資料解釈は頻出分野のみの出題の場合が多いです。1問が頻出問題、もう1問が奇問というパターンもあります。

実数/構成比/増加率/指数

資料解釈の効率勉強テクニック

資料解釈はその性質上、まともに計算していると非常に時間のかかる科目です。よって、いかに時間を短縮するかというところが重要になってきます。

資料解釈は実はきちんと答えをださなくても、選択肢をきっていける場合が多いです。計算に時間のかかるような選択肢は後回しにして、一目見てわかるような選択肢、簡単な計算でわかるような選択肢をきって、残ったものを正解にすると時間短縮になります。よって”資料解釈は消去法で解いていく”ということを頭にいれて勉強していくとよいでしょう。

時間短縮の方法ですが、これは過去問にのっている方法や参考書を参考にします。一般的なところでいうと、「1.428」という数字があれば、「1.43」と考える有効数字は3ケタまでで充分という考え方です。この方が計算時間を短縮できます。

また他にも割合で計算する方法もあります。例えば4/5と1/2では4/5の方が大きいということがわかりますね。この考え方は資料解釈で、計算せずにどちらが大きいか判断できる重要な考え方ですので、こういう解法テクニックを覚えていくと時間短縮になります。”資料解釈はできるだけ計算せずに解いていく”ということも大切です。

まずは勉強を始める前に資料請求で情報収集!
TAC公務員合格なら大原ヒューマンアカデミークレアール | 東京アカデミー
(1) 公務員予備校から資料請求をした方がいい理由  (2) 公務員予備校別の特徴と評判一覧

次に公務員試験合格マニュアルを活用しよう!
 効率的な勉強方法をマスターするには公務員試験専用のマニュアルが最適です。
公務員試験合格勉強法マニュアル比較!

[←前のページへ] [↑一番上へ] [後のページへ→]

地方国家公務員採用試験合格勉強法!トップ

地方国家採用勉強法

地方国家採用勉強法

地方国家採用勉強法

地方国家採用勉強法

地方国家採用勉強法

地方国家採用勉強法

地方国家採用勉強法

地方国家採用勉強法

 

姉妹サイト公務員試験合格勉強法マニュアル比較!
公務員試験合格勉強法マニュアル比較!

 たくさんある公務員試験の勉強マニュアルの中から、私(管理人)が厳選したものだけを、ランキング形式でご紹介しています!

私が実際に購入して中身を熟読し、評価することで、より受験生の立場にたった、勉強マニュアルの比較サイトになっていると思います!少しでもみなさんの合格の手助けになれば幸いです(^^)

公務員の種類・職種一覧!仕事内容ガイド

当サイト内の内容・構成・デザイン・テキスト、画像の無断転載・複製(コピー)は一切禁止です。
Copyright All Reserved by 地方国家公務員採用試験合格勉強法! Since 2008/07-