2次試験-集団討論の特徴【公務員試験勉強法】

地方国家公務員採用試験合格勉強法!

一般教養試験科目別の特徴

2次試験-集団討論の特徴

地方国家公務員採用試験合格勉強法!トップ2次試験-集団討論の特徴


公務員試験の集団討論

公務員試験の2次試験では、集団討論試験が行われる場合があります。集団討論のみの実施はなく、個人面接+集団討論という形で実施される。主に上級試験で集団討論を取り入れている場合が多い。近年、人物重視という傾向から筆記試験のみではなく、面接試験の配点を高くし合否を決めていこうという流れがあります。

集団討論のイメージイラスト

集団討論の試験内容

所要時間はおよそ60分程度。受験者5〜8人あたり試験官が複数人(3〜5人)いて、討論の様子を聞き採点しています。

集団討論は最初に試験官から討論の進め方を説明され、次に討論のテーマが発表されます。その後、受験者が自分の意見を考える時間が5分程度与えられ、その後討論を開始する。

集団討論では、容姿・態度・積極性・表現力・社会性といった一般的な評価項目の他に、協調性・リーダーシップといった項目も加えられる。

集団討論では、あまり自己主張しすぎてもいけないが、かといって黙っていてはマイナスにしかならない。他の人とうまく協調しながら意見をまとめていくという姿勢が大切。臨機応変な対応が求められます。

まずは勉強を始める前に資料請求で情報収集!
TAC公務員合格なら大原ヒューマンアカデミークレアール | 東京アカデミー
(1) 公務員予備校から資料請求をした方がいい理由  (2) 公務員予備校別の特徴と評判一覧

次に公務員試験合格マニュアルを活用しよう!
 効率的な勉強方法をマスターするには公務員試験専用のマニュアルが最適です。
公務員試験合格勉強法マニュアル比較!

[←前のページへ] [↑一番上へ] [後のページへ→]

地方国家公務員採用試験合格勉強法!トップ

地方国家採用勉強法

地方国家採用勉強法

地方国家採用勉強法

地方国家採用勉強法

地方国家採用勉強法

地方国家採用勉強法

地方国家採用勉強法

地方国家採用勉強法

 

姉妹サイト公務員試験合格勉強法マニュアル比較!
公務員試験合格勉強法マニュアル比較!

 たくさんある公務員試験の勉強マニュアルの中から、私(管理人)が厳選したものだけを、ランキング形式でご紹介しています!

私が実際に購入して中身を熟読し、評価することで、より受験生の立場にたった、勉強マニュアルの比較サイトになっていると思います!少しでもみなさんの合格の手助けになれば幸いです(^^)

公務員の種類・職種一覧!仕事内容ガイド

当サイト内の内容・構成・デザイン・テキスト、画像の無断転載・複製(コピー)は一切禁止です。
Copyright All Reserved by 地方国家公務員採用試験合格勉強法! Since 2008/07-